医療番組に思うところ

スタッフの篁です

 

先日とある動画で医療番組について話されている医師の方を拝見して僕も思うところがあったので少しお話ししようと思います

 

最近は減りましたが一時の健康ブームに乗ってか医学情報番組がゴールデンタイムの時間帯によく放送されていました

僕も医療人の端くれなのでそういう番組を見たりはしますが

正直「こんな内容を放送するなよ…」と思うことが多々ありました

発症すると重症だが数千万・数百万人に1人の割合とか…

海外の一部地域で流行し渡航者等に発症するが日本ではまず見ない病状とか…

一日にこれを〇回さえやっとけば健康になります!とか…

視聴者の不安を煽ったり誤った認識を植え付ける内容が多くみられ途中から見るのを止めてしまうくらいでした

 

ただそういう内容の放送をした翌日に来られる患者さんの中には

「昨日テレビでこんなことを言っていて自分もそうなんじゃないかと思ってる」とおっしゃる方が必ずいました

確かに「自分はそうかも…」と不安に思う気持ちは十分にわかります

ただ、こちらとしては患者さんの状態を把握して当てはまらないことは理解していますし

仮に医療機関で検査を受けても審査結果に納得してくれない方もいました

冒頭の動画内でも医師の方は

「知識と経験を持った専門医が違うと言っているのに信じてくれない。テレビの情報は信じて現場に立つ人のことは信じてもらえないことに憤りを感じる。心配になる気持ちは分かるがテレビの情報だけを信じるのではなく積極的に医療に参加してほしい」

と語っていました

 

医学番組は中には医療人から見ても面白いなと思うものもありますが深夜枠など人目に付きにくい時間帯に放送されていることがほとんどで

大多数の方が見る医療番組は酷い内容だと誤情報を流し、後に患者さんの病状が悪化したり健康を阻害したりすることすらありました(だからこそクレームが入って番組は減ったんでしょうがw)

またSNSの普及で現場に立つ医療人の生の声や情報を手に入れやすくなったというのもありますが

YouTube等で動画を作っている自称医師の方には視聴回数を稼ぎたいためなのかテレビと同じ不安を煽ったり誤情報を流すことにためらいのない方も一定数いて、結果見た人の健康に被害が及んでしまうこともあります

 

もはや「テレビだけでなく動画配信サイトでの情報も鵜吞みにしないでください」というのが現状になってきているように思います

ただ中には真摯に情報発信に取り組んで切磋琢磨されてる医療関係者の方々も沢山おられるので

何の情報が正しいのか自己判断することも重要ですが、詳しく知りたい場合は直接本人にコメントやDM等で聞いてみたり、かかりつけ院の先生に相談することも良い判断材料になると思います

 

余談ですが先日、薬をお酒で服用していた友人がいて「なかなか良くならない」と嘆いていました

本人曰く「酒で飲んでも問題ないと思っていた」とのこと

薬も言わば化学物質でアルコールで変性し有毒になりうることも十分あり得ます

本来は薬を渡した際に注意書きとして伝えるのですが最近では省略されることも多いです

正しい知識を持って医療行為を行わないと重大なミスになってしまうことを再確認した出来事でした

 

僕らでも治療を受けるだけでなく相談だけでも対応することは可能なので

普段から不安に思うこと、テレビ等でこんなこと言ってたけどどうなの?ということがあれば気兼ねなく是非ご相談ください

当院での治療が難しい場合でも近隣の治療院へ紹介することも可能です

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP