半月板損傷

スタッフの篁です

 

今回のテーマは半月板損傷

 

半月板は膝のクッション、軟骨の保護、関節の安定化の役割を持っています

運動で過度に捻ったり強い外力が加わったり繰り返しストレスが加わることで損傷し

半月板単体で損傷することもありますが強い外力で痛めた場合は靭帯や軟骨の損傷を併発していることがほとんどです

特に内側の半月板は膝の内側側副靭帯と連結しており前十字靭帯を損傷した場合も半月板損傷を伴うことが多いです

 

症状として痛みのほか膝の腫れや関節のぐらつき

キャッチングと呼ばれる膝の引っ掛かり、ロッキングと呼ばれる膝が伸びなくなる症状が特徴で

キャッチング、ロッキングが強く起きていると半月板損傷は確実となります

 

損傷の可能性がある場合、基本的には整形外科等でMRI検査を受ける必要があります

損傷の度合いによりますが重傷なら切除・縫合手術による修復を

軽度や手術が難しい場合はリハビリなどによる保存料法が適用とされます

ただ半月板損傷は変形性膝関節症になりやすいので治療が終わった後も経過観察は必要となります

 

半月板損傷の経験がある方はぜひご相談ください

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP