椎間板症

スタッフの篁です

 

今回のテーマは椎間板症

椎間板ヘルニアは知ってるという方は多いと思いますが

何が違うのか症状を比べながらお話していきます

 

椎間板とは脊椎の椎骨の間にあるクッション材のこと

椎間板は20歳以降になると水分が徐々に抜けていき脊椎間のクッション性が下がってしまう性質を持っています

その時に体に負担のかかる姿勢や動作を続けたり、加齢による筋力低下が起きると椎体同士のバランスがさらに悪くなりクッションとしての役割を果たせず

結果周囲の筋肉を中心に異常な緊張が生まれ痛めてしまうことを椎間板症といいます

主に腰に多く高齢者の大半は腰椎椎間板症を持っていることが多いです

「ぎっくりでもないのに急に腰が痛くなった」という経験がある方は椎間板症の可能性が示唆されます

 

「椎間板のクッション性が悪くなるとヘルニアになるんじゃないの?」と思う方もいるでしょう

そこが大きな違いでしびれを伴うヘルニアに対し椎間板症はしびれを伴わないことがほとんどです

大まかにいうと椎間板症は筋肉の痛み、ヘルニアは神経の痛みとそもそもの痛みの質が違います

またヘルニアは症状が継続的なのに対し椎間板症は一時的で安静にしていると緩解することが多いです

レントゲンでは椎間板にかかる白いモヤ(水分)が黒く映って見えヘルニアのように神経を圧迫するほど形状が崩れるようなことはほぼありません

ただし肉体労働系の仕事をされている方は椎間板症からヘルニアに移行することが稀にあるため注意が必要です

 

では椎間板症は治すことができるのでしょうか?

正直難しいです

加齢によって退行した椎間板の水分消失は元には戻せないため高齢者の場合はトレーニングで筋力低下を起こさないことが重要になってきます

重労働をする方は再発防止や症状緩和のためにマッサージ・ストレッチ・コルセット等で筋緊張が強くなり過ぎないようケアを心掛けることが重要です

他にも姿勢の改善を行うことで症状を抑えることができますが一度症状が落ち着いても負担をかけ続けると再発する場合も多いので症状が治まったからと言って油断は禁物です

このように一発で治すことが難しく長期的かつ計画的に対策を取らないといけないので緩和にも時間がかかります

 

当院ではマッサージ・ストレッチの他、トレーニング指導とトレーニング機材を用意しています

施術とトレーニングを同時に受けることも可能なので

お困りの方はぜひご相談ください

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP