胸郭出口症候群のお話

HEALINGOFFICE 樂 髙橋です!

今回はしびれ、特に腕まわりの痺れを引き起こす

『胸郭出口症候群』についてです。

こちらも読んで字のごとく、『胸郭』の『出口』の『あれこれ』です。

具体的には首から胸周りの筋肉によって腕神経叢(わんしんけいそう)という腕から指先までつながっている神経が締め付けられ、腕から指にかけてしびれや重だるさ、痛みを引き起こす症状です。

例えば胸を張った状態(春日スタイル)で手を上に挙げて、指をグーパーするとすぐに手先が痺れてきたり血の気が引いてくる場合には胸郭出口症候群が疑われます。電車の吊り革につかまっていると痺れてくると訴えてくる患者さんも多いです。

胸郭出口症候群は大きく『斜角筋症候群』と『小胸筋症候群』に分かれます。

斜角金症候群とは斜角筋という筋肉の間を神経が通り抜ける部分で神経が圧迫されているもの

小胸筋症候群とは鎖骨の下を神経が通り抜け小胸筋の下に差し掛かった部分で筋肉に圧迫されているものです。

 

どちらも筋肉にゆよる圧迫からくる症状なので圧迫の原因になっている筋肉の緊張を取り除くことが大切です。

どちらも同じ『腕神経叢』という神経を圧迫するので症状としては同じような状態になります。しかし、正確に原因部位を追求できないといくら施術しても良くなりません。どこで神経が圧迫されているのか?を見極めることが治療のポイントになりますので『最近やけに腕が重だるいな』『手が痺れれる感じがする。。。』という方はお早めにHEALINGOFFICE樂にご相談くださいね。

しっかりと『鑑別』『施術』『アフターフォロー』いたします!

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP