浮指

スタッフの篁です

 

今回お話しするテーマは浮指

 

聞き覚えのない方も多いかもしれませんが高齢者や子供に多く見られる症状なので

特にお子さんのいる方には気に留めてほしい内容でもあります

 

浮指とは立っている際に足の指先が地面から浮き上がってしまっている状態のこと

人は直立二足歩行の進化の過程で他の霊長類にはない歩行に適した足になりました

その際、足の指に体重が乗ることで足裏にアーチが生まれ土踏まずができたのですが

浮指は本来重心が乗るはずの足指ではなく踵と足指の付け根だけで体を支えてしまっているため

歩き方が変わり姿勢や筋のバランスも変わって猫背や反り腰になりやすくなってしまいます

 

ご自身や周りの方の足をチェックしてみましょう

パートナーがいる場合のやり方では自身が気を付けで立ち足と地面の間に下敷きや紙をパートナーに差し込んでもらいます

その時、何の抵抗感もなく差し込まれれば浮指の可能性があります

一人でのやり方は足の指が90度以上反れるかどうかで簡易的ではありますが判断基準になります

 

外反母趾と共に筋力低下の起こった高齢者に多く見られる症状でしたが

近年では足に合わない靴を履いていたり極端に歩くことが少ない幼少期の子供にも多く見られるようになってきています

高齢者ではある程度の筋力低下や退行は仕方のない部分がありますが

幼少期の浮指は成長における姿勢不良の原因となり肩こり腰痛の他、足底筋膜炎、頭痛、内臓の不調、血行不良によるむくみ・冷えなど様々な症状を引き起こす要因となるため注意が必要です

 

対策法としてタオルや新聞紙を使った足裏のトレーニング法がありますが

姿勢不良によって崩れてしまった筋肉のバランスを整えるためのマッサージも有効で

年配の方や成人の方はトレーニングとマッサージを並行して行うことをお勧めします

 

子供がマッサージを受けても良いの?と思われる方もいると思います

たしかに幼少期のマッサージは適切ではありませんがストレッチを主に全体的なバランスを整えるための施術は可能です

子供の骨は矯正力が大人より大きく骨の成長がある程度終わるまで過度な刺激は禁物なので

トレーニングや姿勢の意識改善、靴に入れるインソールの使用をメインに行うことになります

症状によりますが小学校5~6年生くらいからは軽めのマッサージは受けても問題ないと思います

 

当院ではマッサージ・トレーニング指導はもちろん、その人に合ったインソールの案内もしています

また巻き爪が原因になっている場合もあり

当院では巻き爪の施術も行っていますのでお気軽にご相談ください

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP