スポーツでの肩の痛み

スタッフの篁です

 

今回のお話はスポーツでの肩の痛み

これは僕も経験がありますし肩と言っても様々な疾患がありますので

少し限定してお話していきます

 

まず肩の構造ですが他の関節と比べかなり特殊な構造をしています

関節面が小さいのに可動範囲が大きい、そのくせ使用頻度も多いため筋肉・腱・靭帯への依存度が大きく障害が起きやすくなっています

特に幼少期や成長期におけるオーバーユース(使い過ぎ)は筋肉も骨格も未発達のため後遺症が残りやすく

近年、高校野球連盟が球数制限を設けたのは頻発していた肩肘の障害から選手を守る為でもあるのです

 

野球で多い野球肩というのはインピンジメント症候群という疾患の俗称で

肩甲骨と上腕骨の間を走る筋肉・腱が投球動作などで挟み込んでしまい痛みを引き起こす状態のことを言います

過度な練習で筋のバランスが崩れたり誤ったフォームで使い過ぎることで痛めてしまうことが多く

僕が以前、大阪の野球部のトレーナーをしていた際にも数人の選手がこのインピンジメント症候群になっていました

あまりにひどいと長期休養を余儀なくされることもあり、血行不良やストレッチ不足も要因なので

マッサージ・ストレッチを中心に施術しトレーニング指導もして予防させていました

 

肩の痛み、次は僕も経験のある肩鎖関節脱臼・亜脱臼

これは肩を強打したり床に手を着くなどすることで肩甲骨と鎖骨を繋げる関節が脱臼あるいは亜脱臼してしまう外傷です

脱臼は腕が挙がらなくなり明らかな障害が起きますが厄介なのは亜脱臼

痛みが著明でなく中途半端に動かせて、しかも固定が難しく完治しにくい怪我でもあります

 

肩の怪我では他にも肩関節脱臼、上腕二頭筋長頭腱炎、腱板損傷など主に関節・筋肉の疾患が多く発症しやすい傾向にあります

上記のどれも早急な対応が求められるので急性・慢性問わずお困りの際はぜひご相談ください

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP