腕の痛み

スタッフの篁です

 

今回は腕の痛みについて

特に肘、手首の外傷についてお話します

 

肘の痛みでよく耳にするのが野球肘・テニス肘といったもので

これは肘の骨につく筋肉の炎症である外側上顆炎・内側上顆炎という疾患の俗称です

主な原因は使い過ぎ、スポーツにおいてはフォームの乱れや誤った使い方をしていることで疲労が蓄積し起こってしまうパターンが多いです

炎症を抑えるためのアイシング・緊張を緩めるためのマッサージ・動きの制限や安静のためのテーピングかサポーターを行うなどで改善させることは可能です

特に成長期に腕をよく使うスポーツは骨にまで影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です

 

手首の痛みでよく耳にするのがTFCC損傷とガングリオン

TFCC損傷とは

手関節の小指側には関節円板という膝の半月板と同じ構造をしたTFCC(三角線維軟骨複合体)という緩衝材があり

これが手を突くなどして損傷してしまうことを言います

これ僕も経験があり、治すのに少し時間はかかりましたが

アイシングとマッサージ、テーピングによる固定がかなり有効でした

痛み止めと湿布だけでは治りは遅いと思います

 

ガングリオンは聞いたことがある方もいると思います

これは手関節内にある滑液と呼ばれるものが何らかの原因で関節外へ溢れ出し

筋、腱、血管、神経などを圧迫して痛みを引き起こしてしまう疾患です

注射で摘出する方法もありますが軽度なものはマッサージや超音波治療器を用いることで改善させることもできます

 

腕の症状は時間経過とともに改善すると思われていることが多く慢性化になりやすいため

放っておかず早めに適切な施術を受けることをお勧めします

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP