四十肩、五十肩

スタッフの篁です

 

今回は四十肩・五十肩についてお話します

この二つ、名前は違うけど中身も違いの?と思う方も多いでしょう

この二つ、実は同じもので四十肩・五十肩は俗称みたいなものなんです

正式名として肩関節周囲炎、癒着性・凍結性肩関節包炎という名があり医療業界でも認知されています

マクドナルドをマックとマクドと言うみたいな…

ここでは肩関節周囲炎で統一してお話しますw

 

肩関節というのは少々特殊で関節面が小さいく筋肉や靭帯にかなり依存した構造をしています

そのくせ可動範囲が大きいせいで筋肉のバランスを崩しやすく使用頻度も多いため動きの制限が出ることで痛みが出やすくケアを怠ると悪化してしまうことが多いです

肩関節周囲炎の主な特徴として【腕が一定以上挙がらない/挙げたままキープできない・夜寝ていると痛み出す/痛い方を下にして寝れない・症状が数か月または数年以上継続する】等があります

 

肩関節周囲炎といっても原因は特定が難しく

急性外傷、腕の使い過ぎ、筋肉の異常緊張、姿勢、年齢による退行、血流不良など

その人の生活習慣や環境に大きく左右されます

当然、症状の度合いや対処法まで様々で、このやり方が必ず有効ということもありません

あまりにもひどい場合だと手術の適応になる場合がありますが

軽度~中度のものは施術を受けることで改善させることは可能です

 

当院ではマッサージ、ストレッチ、鍼灸治療、温熱療法の他、予防のための体操や自己ケアの提案もしています

一度の施術で治すことが難しい症状ですのでお困りの方はぜひご相談ください

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP