シンスプリントのお話

H E A L I N G O F F I C E樂 髙橋です!

 

今回はすね・ふくらはぎの痛み!

 

『シンスプリント』についてです。

 

主な症状はすねの内側の痛みです。スポーツをしている成長期のお子さんに多いスポーツ障害です。脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)とも言います。中学生やや高校生になって部活を始めて間もない頃に症状が出るので『初心者病』なんて言われたりします。サッカー、バスケ、陸上競技(中・長距離)などの競技をしている方に多くみられます。

余談ですが自分も高校生の頃陸上短距離競技をやっていてなりました。(小学校から陸上やってたので初心者でもなんでもない笑)

これは読んで字のごとく脛骨というすねの骨の骨膜(骨の表面にある膜状の組織)が炎症を起こしています。

 

なんでそんなところの炎症が起こるかというと、脛骨の内側には後脛骨筋という足首を下に引っ張る筋肉がついています。その筋肉が緊張した状態でたくさん足をついたり踏み込むような動きをしていると固まった筋肉が伸びることができず、筋肉が骨にくっついている部分に負担がかかり炎症を起こしてしまいます。

 

これは放っておくと『疲労骨折』につながるため競技復帰に時間がかかってしまうので早期のケアが必要です。

 

【施術内容】

脛に違和感が出ているくらいの場合は後脛骨筋という筋肉の緊張をほぐすための手技、物理療法を行います。炎症を伴ってしまっている場合には炎症のケア(基本的な炎症処置と物理療法機器での治癒の促進)をおこなったのち筋肉の緊張を緩めます。

 

H E A L I N G O F F I CE樂ではさらに再発防止のためのトレーニング指導や体のバランス調整も行います。

 

早めにしっかりとしたケアを行い早期競技復帰を目指しましょう!(経験者は語る。。。)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP